聴いて下さい、“木の声”を

年輪に刻まれた“私が生きて来た証し”

一見汚れのようにみえるこの黒い点や青みがかった縞模様は、私の年輪に刻まれた“歴史”。

ブルーステイン

寒い日、暑い日、雨が降らなくて大変だった時、そんな“時”に負けずに一生懸命生きて来た“私の証し”。

汚れではないんですよ。傷でもないんです。

世界でたった1つの“証し”。

手に取った時、見た時、「君も頑張って生きて来たんだね!」と言って見てくれる?

 

ブルーステインとヤニの痕

「ブルーステイン」(青い縞模様)が米ひばの特徴としてとらえられています。

寒さによる一種の凍傷。雪、風等で枝が折れるとそこから水分が入り凍って組織の一部を破壊し、ブルーステイン(青縞)となります。

黒褐色の点は、ヤニが沁み込んだ痕。

ヤニは、雑菌の進入を防ぐので、“生きよう!”と頑張って来た証しです。

黒い点や青みがかった縞模様は、木が強いという証しです。

新材の時点では米ヒバ特有の匂いがしますが、この匂いを虫が嫌い殺菌・防虫効果が得られます。

匂いは時と共に薄れますが、効果は持続します。

 

木の香セットの台座は、米ヒバです。

産地は、北アメリカの西海岸の米アラスカ南部からカナダ、米ワシントン州に至る標高1000~1500m地帯で、とても厳しい環境です。

 

タグ:
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。